ベルトのあれこれ
トップページ| おしゃれ| レディス| 調整| 位置| お問合せ

「ベルトのあれこれ」でベルトについて勉強しよう

革素材でこだわるベルト

服装は、着用する服だけでなく、小物も上手にコーディネートする事が大事です。
服と調和した小物を選ばなければ、全体の見た目のバランスを取ることが出来ません。
洋服の固定具として広く利用されているのが、ベルトです。
特にパンツを留めるために利用される事が多く、定番の小物として使われています。
ベルトは、ジャケットなどアウターを着用すると、外からはあまり目立つ存在ではありません。
しかしそれでも、時々覗かせるバックルなどのデザインが、ワンポイントとして重要です。
そのため、そのデザイン選びには、たとえ小物だからといって妥協する事はできません。
気軽に購入できる小物でもあることから、そのデザインや材質のバリエーションは非常に豊富です。
高級感を演出するのであれば、革の製品を選ぶ価値があります。
革製品は強度が高く、また使い込むほどに表面の質感が風合いを帯びてさらによくなってきます。
ただし、革製品は水や湿気に弱い事から、使用後には風通しの良い場所に保管したり、定期的にメンテナンスを行うなどのケアを欠かさない事が大事です。
革のベルトであれば、メンテナンスに手間はかかるものの、長年愛用できる小物として使う事ができます。

センスが光る、おススメのベルト術

ファッションアイテムは沢山ありますが、ベルトでオシャレさを感じさせる事ができると「お、デキル人だな」「さりげない着こなしで素敵」といった印象を持たれます。
男性女性共通して言えることは、アクセントアイテムになるということです。
挿し色として使う、中でも帽子や靴と色味を合わせるとぐっとバランスが良くなります。
細いものだと女性的、太いと男性的になりますので、表現したいコーディネイトに合わせてみるといいでしょう。
春夏におススメなのは、メッシュ素材のものです。
透け感があり、暑苦しさを感じさせませんし、留めるところも毎日微妙にずらして使用すれば痛まずに長く使うことができます。
ホワイトは印象がガラッと変わりますので、挑戦してみるといつものファッションとは一味違う印象を与えることができるでしょう。
女性はチェーンタイプのもので華奢さをアピールするのも素敵です。
ブラックのパンツなど、黒を基調としたスタイルでは色が栄えますのであえて派手めなものを選んでもいいでしょう。
スタッズのものも、ブラックマットで加工してあるものを選べば子供っぽくなりすぎずギラギラしたものが苦手な人でも大丈夫です。
主役でも、脇役でも、大活躍するのがベルトなのです。

おすすめWEBサイト 5選

不用品回収 千葉
http://xn--n8jwb0ctho77n79c28w.jp/

サビ取り
http://optimallife.jp/?pid=59458391

パネライラジオミール高価買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/腕時計買取/パネライ/ラジオミール

交際クラブ
http://kousaiclub-search.com/

最終更新日:2016/4/7

Copyright(C) ベルトのあれこれ All rights reserved.